いよいよ利上げか?


佐賀市在住のファイナンシャルプランナー夏秋寛です。

今夜14日から始まるFOMC(連邦公開市場委員会)で米国の利上げがほぼ確定のようですね。
発表は15日の夜中のよです。

長らく続いた低金利を先に脱却したのがアメリカでした。
2015年12月に7年間0.25%だった金利を0.25%上げて0.50%としました。
しかし、2016年が始まると中国経済の悪化と原油安でその後の利上げが難しくなり、2016年の12月にやっと0.25%の利上げを行いました。
そして、2017年には3回ほどの利上げを行うとの計画で、この3月に利上げとなる予定です。
今回の利上げ幅も0.25%の予定で1.00%となる予定です。

この利上げは一部の低俗なマスコミがトランプ相場が要因だと言い出すかもしれません。
しかし、このLINEをお読みの方ならお分かりだと思いますが、トランプ大統領誕生前からの計画でした。
1大統領の発言ぐらいで金利が上がるほど米国のマーケットは単純ではありませんよね(笑)

この利上げの背景には米国の景気回復の力強さが支えています。
ここ1年の経済指標は完全にリーマンショック前の推移を超えてきています。
実際にもNYダウも最高値を連日更新していますよね。


このまま計画通りならば今年はあと2回ほど利上げを行うでしょう。
確実に1.50%までには上がるでしょうね。
これがインフレの前兆となるのが強いとの見方です。
ある専門家は来年には3.00%を超えるのも不思議ではないとの発言もしています。


米国金利推移



インフレ・デフレは始まると加速します。


米国は7年間0.25%でした。
これは2008年12月のFOMCの金利決定で過去最低の政策金利となったのです。
しかし、同じ年の2008年1月では3.00%あったのでした。
この年には4回の利下げを行って12月には0.25%になったのです。
たった1年で12分の1になったのです。


このように動き出したら金利の上昇・下落は止まらなくなります。
これがどのように日本に影響するのだろうか?

日本も2008年12月に0.30%から0.10%に引き下げしました。
それから9年4カ月間0.10%のままです。
いまだに利上げするどころかマイナス金利政策を続行しています。


国別金利表



なぜこのような違いがあるのだろうか?


そこには国力が影響します。
金利=国力 といわれています。

しかし、金利が高いだけで国力があるとは限りません。
金利+信用力 です。


この金利+信用力でみてみると、日本ってどうなんだろう?
これからの成長性は?
円が世界的の流通量は?
経済のグローバル化による開放性は?


このような観点で大事な資産を育てていく場所をどこにするかと考えて選ぶ人が増えてきました。
と言いながらも「ドルは怖い!」と言っている人もまだまだ少なくはありませんがね(笑)



このような状況で、いくら頑張っても円(日本)では増えません。
増えないところでいくら頑張っても、決して増えません。


私の大好きなP.ドラッカー博士はこのように言っています。
「成果に集中すること」

成果をフォーカスすれば最善の行動が見えてきます。
しかし、日本人はプロセスを大事にします。
そのプロセスとは努力です。
努力さえしておけば必ず成果が出るといった根性論です。

確かに努力で成果が出る場合があります。
しかし、今のような低金利の長期化で努力しても絶対に増えることはありません。
これは断言できます。


同じ努力をするのならば成果を出す努力をすればいいのです。
そこを拒否している「リスクを取らない人々」は増えることは諦めてください。
愚痴も言ってはダメですよ(笑)

何故なら、何もせずに簡単でリスクがなく増える金融商品なんてどこにもないのですから。

そんな大きな転換期に来ていることは間違いないようですね。
その証拠に、4月から比較的貯蓄率が高かった貯蓄性の生命保険は軒並み値上げか販売停止です。


しかし、諦めないでください。
この状況を逆にチャンスに活かせる方法もあるのです。

詳しくは個別相談でお話ししますので。


ここ2日間のニュースをちょっとだけ気にかけてくださいね。

マイナス金利が生命保険を直撃!


佐賀市在住のファイナンシャルプランナー夏秋寛です。

約1年前の1月29日に日銀が歴史上初のマイナス金利を発表しました。
その後の日本経済にどのような影響があったのかを1年後に検証してみましょう。

このマイナス金利政策は金融マーケットの中では劇薬と言われている施策です。
市場にお金が出回り景気が回復といわれているが、
間違えれば逆に景気を悪化させてしまいます。

では、この1年間で日本経済はどのように変わったのだろうか?


現在の日経平均株価は約19,300円ぐらいとなっています。
この株価は日本経済の成長に対する株価ではなく、
トランプ大統領誕生により期待される経済施策にないするもので、決して日本経済の自力ではないようです。

その証拠として1年前のマイナス金利発表前の日経平均株価は約17,500円でした。
そして、大統領選挙前までは約17,300円でした。
ほぼマイナス金利の恩恵は見当たりません。

また、為替を見てみると、マイナス金利発表前は1ドル約113円でした。
現在の為替は1ドル約113円でほぼ横ばいです。


では、政府が是が非でも必達目標にしている物価上昇はどうだろうか?
政府のインフレターゲットは2%です。

消費者物価指数2016年度はマイナス0.1%
GDP前年比は1%(内需0.5%、外需0.5%)

これでは、景気回復どころか給与上昇には程遠い内容ですね。
マイナス金利にして、銀行に集まるお金を市場に向ける狙いは今のところ効果はどうなのでしょうかね?

マーケットを見てみるとトランプ大統領効果を除いては画期的な改善にはなっていないようです。
ただ、長期国債金利が下がったので住宅ローンは低金利になり恩恵を受けているようですね。



では、ここから本題です!


今回のマイナス金利の影響を一番受けているのは何だと思いますか?
実は生命保険です。

生命保険は、契約者が払った保険料を運用して保険金の支払いにしています。
なので、いざという時には確実に支払うために安全性の高い運用をしなければなりません。
その運用は大部分を国債で運用しています。
ご存知のように、マイナス金利の影響で国債金利はほとんどついていない状態ですよね。
なので、当初予定していた運用が出来なくなり、運用が悪化してきました。
これがよく言われている「逆ザヤ」です。


保険証券



このままでは、保険会社は契約者に確実に保険金を払えなくなります。
なので、保険会社が行うことはこの2つです


1つが、貯蓄性な高い商品の販売中止です。

逆ザヤになると、販売すればするだけ保険会社は赤字になりますので売らないようにして自己防衛を図らなければいけません。
なので、貯蓄性の高い学資保険や養老保険、短期払いの終身保険、年金保険などはどんどん販売中止になっています。

この4月からは幾分有利と言われていた貯蓄性の高い保険はラインナップから外されます。



2つ目が、保険料の値上げです。

運用率が下がったので、それをカバーするために保険料を値上げします。
その値上げ率は商品によっても違いますが10%〜20%となっています。
場合によっては50%近く値上がりするものもあります。

そして、貯蓄性商品だけにかかわらず、保障性のある保険も値上がりするものもあります。
この値上がりは国内の保険会社全社一斉に4月から行います。
既に一部の保険会社は先行して値上げしているところもありますが。



今の保険の契約には影響はないのか?

基本的に今の契約した保険の保険料が変わることはありません。
しかし、更新型の保険を契約している場合は当初の保険料上昇予定より上がります。
また、年払いや前納を今後行う場合は、保険会社によっては前納割引率が変わる場合があります。
今の金利だと、前納割引はほとんどなくなると思います。



では、どんな人が一番影響するのだろうか?

それは、4月以降に保険を見直そうと考えている人です。
または、新社会人になり、保険を加入しようと考えている人です。


今までは、「保険料が高すぎるから見直しをしてほしい」と相談が多かったのですが、
4月以降は、見直しても保険料は下がるケースは少なくなるかもしれません。
なので、保険の見直しのメリットが少なくなります。



だったら、どうしたらいいのだろうか?

答えは簡単です。
保険料が値上がりする前に保険を見直すか、新たに保険に加入するかです。

今ならまだ間に合いますので、
まずはご相談を!

老人大学で相続と保険の講座in南島原市


佐賀市在住のファイナンシャルプランナー夏秋寛です。

この歳になると難しいことを勉強するのが苦痛になってついつい避けてしまいます。
しかし、私よりも大先輩方は今でもどん欲に勉強されています。

そんな勉強好きなご老人方の集まりが「あやめ大学」
南島原市の口之津町公民館講堂で「相続と保険」というテーマで講座を務めさせていただきました。
当日は88名が参加されて、寒い日でしたが会場内は熱気にあふれていました。



あやめ大学


この講座を依頼された南島原市から、
「最近では相続に関する関心が増えてきたので、相続に関する注意点や生命保険を使った活用法などを教えてほしい」とのことでした。

昨年度より相続税の改定などで相続税に対する心配をする人もおられますが、
実際に相続税を払っている人は制度改正前は死亡者の7%でした。
そして、今回の制度改正で14%までアップしましたが、そのことで不安に思っている人は少ないようですが、相続全体として悩まれている方は多いようです。

あやめ大学


相続の最大の悩みは、「遺産分割」

どのようにして遺産を分割すればいいのか?
平等に分割する方法は?


金額の大小にかかわらず、相続後にもめるケースは意外と多いようです。
それが相続の権利で。

相続が争族にならないようにする為にどんなことに注意をすればいいのかを伝えました。


あやめ大学

対策の中で、効果的な2つのやり方は遺言書と保険の活用です。
しかし、遺言書も間違って書いていると法的効力がなくなりますからね。


そして、忘れてはならないのが生命保険の活用。
この活用だけは絶対にやっておいた方がいいですよ。


あやめ大学


約1時間半の講座ではなかなか全部を解決することは出来ませんが、
相続という考え方を今のうちから考えておく機会にはなったようです。




相続とは、人生最後の宿題である。
そして、復習は出来ないが、予習はできる。

お金が増えない2つの理由とは?



佐賀市在住のファイナンシャルプランナー夏秋寛です。

今までたくさんの方の個別相談を行いました。
その中で一番多かった相談内容が「お金が貯まらない・増えない」です。

確かに、その悩みはわかります。
金利は全くつかないので積立しているからって増えるわけではないですからね。

更に貯めても「何か必要になった場合にすぐおろしてしまって残らない」って意見もよく聞きます。



では、全員がこんな状態でしょうか?


実は、金利が全くつかない中で、必要な時には引き下ろすことをやっても、しっかりお金が増えている人もいるのです。

それも、同じ金額を同じ期間積み立てていて・・・。



この違いは何だと思いますか?



そこには「決定的な2つの違い」がありました。

その2つの違いとは「やり方」と「選び方」でした。


私の友人A君は20年前から1万円ずつ積み立てをしていました。
彼はサッカーが好きだったので、積立し始めて10年後に本場のサッカーを見たいとイタリアに思い切って観に行きました。
その友人A君は感動が大きかったのか、帰国後はその話を会うたびに半年ぐらいは言い続けました(笑)
その費用は約50万円。
友人A君は今まで毎月1万円積み立てしていた夢積立から引き出すことにしました。





その友人A君はイタリアに行くときに同じサッカー好きの友達B君を誘って行きました。
その友達B君も実は1万円ずつの財形積立をしていたのです。
友達B君はその財形積立の貯まった中から50万円を引き出して旅費にしました。


二人はその後もあの時のイタリアサッカー観戦旅行の思い出を語って会うたびに盛り上がっているそうです。
先日その友人A君が、「今度はドイツのリーグを観に行かない?」と言い出したのです。
友達B君も即答で「いいね!行こう」と答えて、いま計画中です。



そこで、友人A君と友達B君の現在の積み立てした資産総額を比べてみました。
毎月1万円ずつ積み立ていて20年間で総額240万円を積立していました。
10年前に50万円イタリアサッカー観戦旅行で50万円引き出しました。

友人A君の現在の資産総額は約300万円。
友達B君は現在の資産総額は約190万円。

なんと110万円の差が出ていたのです。
しかも友人A君は10年前に50万円引き出したにもかかわらず増えているのです。



この二人の差が「やり方」と「選び方」の差だったのです。


友人A君がやっていた「やり方」とは、
複利」だったのです。

友人A君は「単利」と「複利」の違いを知っていたのです。
単利とは1年間に預けた元金に1年分の利子がつくものです。
これに対して複利とは元金+利子に2年目からその(元金+利子)+利子となるのです。
言い換えれば利子にも利子が積み増ししてくるのです。
これは時間が経過すると雪だるま式に増え続けます。

かのアインシュタイン博士もこの世で偉大な発見は何ですか?と聞かれたら、
「それはもちろん複利の効果だよ!」と記者にジョークで答えた話は有名ですよね。
この複利は利率が高いとさらに効果が大きくなります。



2つめの「選び方」の違いは、
利率の高い運用」をすることでした。

友人A君は積立を始めたころの金利は1%を切っていたことを知っていたのです。
なので銀行の積み立てや財形貯蓄では増えないだろうと知っていたのです。

そこで友人A君が選んだのは同じ積み立てるのだったら運用利回りが高い商品でした。
そこは株式を活用した商品でした。
その商品はもちろん株式で運用するのでリスクはあります。
しかし、リスクばかりを考えていては増やすチャンスを放棄することを知っていたのです。

実際に、積立し始めたころは、株式は下落し続けました。
でも、友人A君はさらに凄いことを知っていたのです。
それは「ドルコスト平均法」
株価が下落すると更にチャンスが広がることを。

ここまで聞けば、「なんだか難しそうで知識もないので無理だ!」と思うでしょうね。
しかし、彼がやったことはとっても簡単なことでした。
選ぶのは最初の積み立てを始めた1回だけ。
その後は何もしません。
毎月通帳の中から1万円が引き落とされるだけです。
他は何にもしません。

これで彼は積立貯金の感覚で1万円ずつを毎月積み立てた結果、平均利回り7%以上で運用できたのでした。
なので、10年前に50万円を引き出しても積み立てた元金を減らすどころか元金を大きく上回るようになったのです。


これが「夢積立」です。



ちなみに、友達B君の口ぐせは、「株はリスクが怖いから・・・」

このようにリスクアレルギーが正しい金銭知識を受け入れない性格にしていたようです。
この正しい金銭知識を最近では「金融リテラシー」と呼んでいます。


友人A君は金融リテラシーが高く、
友達B君は金融リテラシーが低い。


「やり方」と「選び方」でこのように違ってきます。



貴方の「金融リテラシー」は大丈夫でしょうか?


資産運用と資産形成の違いとは?


佐賀市在住のファイナンシャルプランナー夏秋寛です。

最近はマスコミ、TV、雑誌などでも投資の話題が出てきていますよね。
政府も預貯金よりも投資へ促すために、税制優遇施策のNISA(ニーサ)を導入しました。


しかし、反応はいまいち。
爆発的に投資ブームが来ているわけではないですよね。

どうしても国民性なのか、投資に対してのアレルギーがある方が多いようですね。
そんな中でも、最近は月に5、6人は資産運用のご相談を受けています。

その個別相談の中で感じたことが、
「資産運用」と「資産形成」の違いをわからない方が多いように感じています。



まず、資産運用とは?

文字の通りに、資産を運用するということです。
ここで、資産がないと運用できません。
なので、ポイントは資産があるといった条件がマストです。


資産運用の成果は?

開始した時点よりも必ず値段が上がらなくては成果は出ません。
利益を出すためには確実に値上がりが条件です。
しかし、将来を読むことは至難の業です。確実なものはありません。
プロでも同じことです。


では、投資の素人の方がいきなり今の資産を変動する金融商品で運用しようとすると抵抗があるのは当たり前ですよね。
常に投資後の価格が気になってしまいますよね。

今年の年始に一括して資産運用を始めた方は、日経平均株価がその後開始時点から上がるどころか下がり続けました。
この下落は6月まで続き、その後は回復してきました。
先週にやっと今年の株価の最高値を付けました。

この期間どんな感じだったのでしょうね?


たぶん、初めて資産運用をした人は下がり続けている間は投資したことを悔やんだのかもしれません。
今になって少しだけプラスになっていたのでホッとしたのではないでしょうか?

さあ、これからが勝負の分かれ目です。
この投資が成功だったのか失敗になるのかはこれからの値動き次第です。
なので、これから先は誰もわからないということです。


そこで、少しでも先が見通せるために商品選びがポイントになります。
この選択次第で大きな成果の差が出てきます。
私がアドバイスできるのはこの選択だけです。
この先のマーケットは誰にもわからないですから。




では、資産形成とは?

これも文字通りに資産を作り上げていくことです。
言い換えると、0の状態から積み上げて築いて資産を作り上げていくことです。


資産形成の成果は?

資産形成で重要なのは積み上げです。
積み上げていく間は価格が変動しても全く関係ありません。
大事なのは最終価格のみですから。

資産の実績=積み上げた量×最終価格

ここで積み上げた量がポイントとなります。
資産運用と違うのはこの量です。


積立


例えば、年初から株価が下がり続け6月にはマイナス26%も下落しました。
資産運用として120万円一括で運用した人は、6月には約89万円に下がって、そこから挽回して、1年経って年初の価格に戻ってきたので120万円まで回復しました。
年初から考えるとプラマイゼロですよね。

これは120万円で投資した価格の口数が変わらないから、株価が下がった場合に価格に影響します。


資産形成の場合は、毎月10万円ずつ1年間積み立てた場合は1年後に120万円の投資合計ですが、株価が下がっていたので10万円で沢山買えていたのです。
わかりやすいように株価年初に100円だった場合は、
一括で買えば12,000口買えます。
しかし、毎月分散して株を購入したら価格下落で合計13,920口買えました。

投資合計120万円が1年後に139万円になっていたのです。
年率約16%ですよ。

これが今年の1月から起こった現象です。

資産形成って凄くないですか?
今から頑張って貯めようとしている人には最強のシステムです。



具体的にどんな商品がいいのか?

資産運用に適した商品は、
株式、投資信託、変額保険一時払、変額年金一時払、外貨建て一時払終身保険などです。

資産形成に適した商品は、
株式、株式投資信託、変額保険平準払、変額年金平準払、外貨建年金保険平準払などです。
これらの商品を「積立投資」いいます。
専門的な言葉でいうとドルコスト平均法といわれていますが、わかりにくいので積立投資で覚えるといいでしょう。



「積立投資」は投資価格が下がると一定金額で購入するので口数がたくさん増えます。
下がると口数の資産が積み上がり、逆に価格が上がると単価が上がるので資産も増えます。

言い換えると、積立投資は価格が上がっても下がってもどちらでもよいってことです。
強いて言うなら、長く下がって最後に上がると最高ですね。



では、資産運用と資産形成はどっちがいいの?

答えは、わかりません。
プロでもこれから先の予測は出来ないようです。
素人の私たちがプロでもわからないのにわかるハズがありません。
なので、プロはわからない場合は両方を使っています。
こうすることによってリスクを最小限にすることができます。


詳しくはリスクの許容度によって選ぶ商品が違ってきますので、
個別相談でお尋ねください。



ひとつだけ言えることは、行動をしないと資産は増えないってことになりますね!