隊長こと、FP夏秋の
筆文字夢ことば


夢を叶えたい!  目標を達成したい!

読むだけで元気になる!
読むだけで勇気がわく!

そんな、ワクワクする魔法のことば夢ことば



筆文字をクリックして下さい。

筆文字 やり方よりあり方     筆文字 大器晩成     筆文字 面倒くさい     筆文字 夢ことば 一本勝負



筆文字 夢ことば 決断     筆文字 夢ことば 苦難は友だち     筆文字 夢ことば 物物交換     筆文字 夢ことば 共感 共鳴



筆文字 夢ことば 答えは自分の中に     筆文字 夢ことば 夢と志     筆文字 夢ことば ピンチ     筆文字 夢ことば 大変だ!



筆文字 夢ことば 自分の意志     筆文字 夢ことば 厳しい心 優しい心     筆文字 夢ことば 自分のファン     筆文字 夢ことば 未来は過去にあり



筆文字 夢ことば 今こそチャンスだ!



自分年金の作り方


一昔前には、『利息で暮らしていけるようになりたい』といっていた。
年率8%の時代には1,000万円預金していると80万円の利息がついていた。


これは、昭和の時代ではなく平成の始めの頃の金利です。
ほんの20年前の金利です。


しかし、現在では金利は0.03%(H23年11月現在地方銀行)

もし、この金利で「利息暮らし」をしようと思うならどのくらい預金が必要なのだろうか?
現在の23年度老齢基礎年金額788,900円と同額の利息をもらうためには、


なんと、26億2,966万円の預金が必要です。


しかも、この基礎年金額だけでは生活できません。
最低必要な老後生活費は世帯当たり月に25万円だといわれています。

年間300万円の利息を生むのに、
100億円の預金が必要です。

20年前の8%の時代には3,800万円あれば月に25万円の利息がついていたのです。


老後生活



では、利息暮らしが無理なら他に方法は?



《いくつか考えてみましょう?》


■パチンコ、競馬などのギャンブル

 ほとんどトータルで勝った人をあまり見たことがない。
 勝てるまでに、相当の出費が必要になる
 安定した収入が得られない
 時間がかかる
 
 このように、お勧めできるものではありません。

■株、為替(FXも含む)

 相場により収入が不安定
 情報を常に収集
 大量な資金が必要
 時間に縛られる
 
 収益も大きいがリスクも大きい。
 初心者にあまり勧められるものではない



■不動産活用
 
 空き地などを駐車場に
 空いている部屋を間貸しに
 自宅を貸して田舎暮らしへ

 上手く使えば十分に自分年金になり得る。


■年金保険(民間)

 円での運用は利率が低いので長期運用は避けたい
 インフレの懸念かある
 外貨での運用は利率も高く、今後円安になればメリットも大きい
 外貨建ては円高になると不利になる。

 10年ぐらいのスパンで運用するならベスト。
 円高の今に、一時払いで外貨で運用するのも良し。
 預金金利の100倍近いリターンの商品もあり。
 自分年金に十分になり得る。
   

■投資信託

 手数料はかかるが、手間がかからずに運用が出来る
 まとまった資金の運用も出来るが、1万円からの積立型もある
 価格に変動があるので元本の保障はない

 分配金を毎月年金代わりに活用できる 
 年利10%商品も中にはある
 自分年金として考えるなら一番お勧めだと思う
 しかし、リスクがあるので認識が必要 




このように、現在も低金利な中で様々の金融商品も出回っている。
知らないと損をする情報もたくさんあります。
また、美味しい話にはトゲもたくさんあります

このような情報の選択を出来るかどうかが自分年金のカギになります。
ある一定の所まではご自身で出来ると思います。
しかし、最終的にはプロの知恵を借りるのも方法です






当事務所では、特に「自分年金」には力を入れて取り組んでいます。
ここでは個別の商品を紹介できないのが残念です。

得する耳寄りな情報をお聞きになりたい方は、個別相談を承っています。
相談料は無料ですので、お気軽にお問い合せ下さい。
決して、当事務所からは強引なセールスはいたしませんのでご安心下さい。





保険相談 お申し込み



自分年金



年金手帳


いよいよサラリーマンは、平成26年度より報酬比例部分の年金が段階的にカットになります。
ついに無年金時代に突入となります。


年金受取表

このように若い人ほど貰えなくなります。



『年金は自分で積み立てているものだから、年取ったらそれを引き出して老後に使える』と思っている人も多いようです。
今払っている年金保険料は将来貰えるお金ではありません。
今の年金支給されている方のために払っているのです。
しかし、それだけでは足りませんので、残り半分は税金で補っています。

40代の方が65歳になったときにもらう年金は、その当時の年金保険料を払っている人が負担するのです。
しかし、当初の見込みより年金の財政は厳しく、少子化も進み、税収も上がらない状態での今回の東日本大震災です。
もう財政がピンチです。

そこで、政府案として年金に支給引き上げ(68歳)が検討されるようになりました。
68歳というのは誰が考えても中途半端ですよね!
これはもう、70歳前の段階的引き上げだというのは見え見えですよね。



そこで、国の年金に頼る依存型の考えは難しくなっていました。
自助努力しか方法はないと思います。


ならば、自分の年金を自分で作る方法を考える。


【定期的な収入を得るために】
1、不動産の活用(空き地を駐車場等で活用等)
2、民間の年金保険に加入する
3、分配金をいただく(投資信託)

などが考えられる。

しかし、不動産の活用は誰でも出来るものではない。
適当な不動産がないと出来ない。
民間の年金保険も今の低利率とインフレを考えると魅力的ではない。

現在において、効果的な自分年金の筆頭に上がるのが「投資信託」である。
この投資信託も様々なタイプがあり、上手く使うと年金としての役割になる。
投資信託には収益を分配する仕組みがある。

この分配金が1年に1回や6ヶ月に1回、2ヶ月に1回、または毎月などと種類によっては異なってきます。

特に、年金として使う場合は毎月分配や2ヶ月分配が好まれています。

しかし、投資信託にはリスクもあります。
その辺を十分に理解して活用しなければなりません。


今のままで、安心した豊かな老後を迎えることは不可能でしょう。
今から将来の対策を行う人も、
既に老後に入っている人も、
対策は十分にあります。
ぜひ、専門家に相談して見て下さい。


自助努力以外に道はありません!






自分年金相談は夏秋ライフプラン事務所へ    具体的にはこちらから↓
自分年金





10%を考える


今の収入を10%上げることは可能ですか?

可能な方は是非今すぐ収入を上げて下さい。
家計も改善しますので。

そう思うが、現実はなかなか収入を上げることは難しい。』との声を良く聞きます。
やれるなやもう既にやっているよ!』こんな声も聞こえてきそうです。


簡単に収入を上げることは難しいですよね。
サラリーマンでは入ってくる収入も限られてくるだろうし、
自営の方も景気の悪化で思うように売上が上がらないようですので。


そこで、収入を10%上げることと同じくらいの効果があることは何だと思いますか?


そう、答えは10%節約することです。

もっと簡単に言うと、使えるお金を10%増やすことです。



ここ数年続くデフレで物価は抑えられて来ています。
食品での10%引きなどでは魅力さえ感じなくなってきているのではないでしょうか?
衣料についても、30%引きは当たり前、50%、70%offなども見ることさえも・・・


【改善策】

ここで、家計の中での可処分所得(手取り)の割合の中で一番多いものを見ていきましょう。

各世帯において状況はそれぞれ違うと思いますが、

食費
住居費
教育費
保険料


などが割合が多いですね。


食費については、ほとんどの方が1円でも安く買うためにチラシなどを見比べて買うこともありますよね。
食費については、もう節約の意識が十分に高いようです。
更に、ここを10%節約するのは難しいようです。



意外と手を付けていないのが住居費です。
賃貸の場合は、最近では物件も余り気味な地域もあり、家賃も下がってきているところも多いようです。
探せば住居費(駐車場代も含む)押さえることが出来るかも?

住宅ローンも見直ししてみると意外とメリットがあるかもしれません。
余裕資金があるのなら、繰上返済も有効かもしれません。
一般的には期間短縮型を利用されるようですが、返済額軽減型を使うのも毎月の支出を減らす節約には効果大です。



教育費も効果を見ながら選択するといいのかもしれません。
塾などで、高いから良いとは限りませんよね。
大学に関しても、支出を減らすのが可能なら仕送りも見直しましょう。
また、奨学金制度を使うのもいいかもしれません。



すぐに、具体的に目に見える効果的な節約が保険の見直しです。
10%節約するにはここが一番のポイントとなります。



この4つのポイントを見直すことで10%節約は不可能ではありません。


これで手取りの10%は貴方のものです。
その節約した分を貴方ならどう使いますか?










ライフプラン申し込み

住宅ローンの有利な繰り上げ返済は?



住宅ローンの返済方法には大きく分けて2つの方法があります。

1、元利均等返済
2、元金均等返済

それぞれに長所・短所がありますのでご自身のライフプランに合わせて選択されると良いでしょう。

ライフプラン 住宅ローン1


借入金額が多い場合は殆どが元利均等払いとなっているようです。
返済スタート当初はなかなか元本が減らず、利子の返済の方が多いですよね。




そこで、完済期間を待たずに繰り上げて返済する方法があります。
これを「繰り上げ償還」といいます。


繰り上げ償還には2つのタイプがあります。

1、期間短縮型
2、返済額軽減型


ライフプラン 住宅ローン2


期間短縮型は、月々の支払額は変わらないが、払い込む期間が短縮されます。
その分の利子が軽減されます。

返済各軽減型は、毎月の支払額を軽減することができますが、期間はそのままです。


同じ金額を繰り上げ償還した場合も利子の軽減額が違います。
期間短縮型の方が効果は大きいようです。


では、どのタイミングで返済した方が効果的なのか?


1、小分けに早めに
2、まとめて後ほど

ライフプラン 住宅ローン3


この図のように、こまめに早く還した方が効果は大きいようですね!
利子は、後になれば少なくなっていくので、最初の頃の方が軽減額が大きくなります。



※しかし、これには繰り上げ返済の手数料は考慮されていません。手数料がかかる場合もございますので注意が必要です。

※繰り上げ返済をした場合は、キャッシュフロー上の資産が急激に低下します。よって、十分な余裕がないと、いざという時の出費の時が大変になります。







40歳で35年の住宅ローンを組んでも完済するときは75歳になります。
老後にローンを返していくのも大変ですね。
退職金や、預貯金で早めに繰り上げて期間を短縮することもシニアライフプランには必要なことですね。


ライフプランのことなら夏秋ライフプラン事務所
ライフプラン相談会 無料 人生設計 保険相談 家計見直し