TOPICS

欧米と日本の運用スタイルの違いとは?

欧米と日本の運用スタイルの違いとは?


佐賀市在住ファイナンシャルプランナーの夏秋です。


日本と欧米の個人金融資産の違いはここ20年で大きく差が開きました。
その決定的な違いは「貯める」ではなく「増やす」ことを考えた資産づくりをしていたからです。


日本政府も、この現象を真摯に受け止めて、金融庁も「貯蓄」から「投資」へと必死に呼びかけています。
呼びかけていただけでは不十分なので、NISAやいDeCoなどでの運用益を非課税にしたりして関心を誘っています。


しかし、実際には日本の個人金融資産が大きく変わったわけではありません。

なぜなら、ベースが違うからです。
ベースというより環境が全く違いのです。


その背景が、金融教育が小さい時から行われて、金融知識をしっかりと備えているかの違いなのです。

その結果が、今回の金融庁の焦りだと思います。
その焦りの原因は金融機関に向けられました。

金融機関の営業スタイルに問題ありと言わんばかりの発言の数々。
しかし、その金融機関を今の今まで甘やかしていたのも金融庁なのです。


よく考えてください。
今、銀行があちらこちらで倒産したら日本の経済はどうなりますか?
それこそパニックになって金融不安が広がり経済に大打撃を与えます。

そんなことは絶対に起こさせないと思っていますが、現状は金融機関は火の車です。
特に銀行は。


そんな銀行の生き残る唯一の方法は、投資信託と生命保険を販売して手数料収入で利益を出すことです。
なので今の金融機関は必死に投資信託と生命保険を販売します。


コンサルティング


ここで全く無視されていたのが利用者です。
金融機関はお客様が得しようが損しようが、儲かろうが減らそうが、そんなのことは全く関心はありません。
販売員レベルでは多少寄り添った接し方をしていますが、大本では自社の経営のことしか考えていないのが現状です。


かつての欧米の金融機関がまさにこのようなことをやっていたのです。
そんな金融機関は今では沙汰されてしまったのです。


それに代わって欧米では金融機関に属さない金融資産専門のコンサルタントが中心に個人金融資産をアドバイスして運用の助言と管理を行っています。
このような方々をIFAと呼んでいます。

ファイナンシャルプランナーとは違って、実際に金融商品を仲介してアドバイスを行っています。主に資産運用商品を中心に。


なので、個人金融資産はそのIFAに信託していることが多いのです。
決して商品に依存したりしません。
IFAを行っている人に信託しているのです。
しっかり資産を増やしたければ、その実績のあるIFAに信託するのがセオリーなので、IFA選びは重要なのです。


しかし、日本では依然として商品選びが中心です。
また、ネットでも商品選びを中心に情報が展開しています。

もちろん、金融機関でも手数料のために高い手数料の商品を勧めてきます。
このように人に信託することなく、商品選びで金融機関を利用しているのです。


その結果、金融知識のない利用者が内容も理解せずに、言われるがままに金融商品を買っているケースが高くなってきたのです。


最初に述べた、欧米と日本の個人金融資産の違いがこのような経緯から生まれてきたのです。
このスタイルを変えない限り、いつまでたっても商品選びに没頭する幼稚園レベルの金融知識しか知らない日本人のままです。


個人の金融資産を増やす最短距離をアドバイス&実行のお手伝いをするIFAを活用する選択肢が日本でも必要となってきているようです。

今はネットで何でも探す時代で、それが当たり前だと思っている方も多いようです。
もう、現時点での最善の商品を探すのはやめた方がいいですよ。
商品はその時点では最善でも明日になれば過去のものです。
永遠ではないのでイタチごっこにしかなりません。

それよりも、信頼できる人を探しましょう!
モノより人です。

これが欧米の考え方です。


そんなIFAが当社の所属しているウェルス・クリエーションなのです。
一緒に資産づくりをやってみませんか?
全力でサポートしますので。


お問合せは
http://wealth-creation.co.jp
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス(ブログには公開されません):

ホームページURL:

コメント:

認証(表示されている文字列を入力してください):
y7c2