TOPICS

お金が増えない2つの理由とは?

お金が増えない2つの理由とは?



佐賀市在住のファイナンシャルプランナー夏秋寛です。

今までたくさんの方の個別相談を行いました。
その中で一番多かった相談内容が「お金が貯まらない・増えない」です。

確かに、その悩みはわかります。
金利は全くつかないので積立しているからって増えるわけではないですからね。

更に貯めても「何か必要になった場合にすぐおろしてしまって残らない」って意見もよく聞きます。



では、全員がこんな状態でしょうか?


実は、金利が全くつかない中で、必要な時には引き下ろすことをやっても、しっかりお金が増えている人もいるのです。

それも、同じ金額を同じ期間積み立てていて・・・。



この違いは何だと思いますか?



そこには「決定的な2つの違い」がありました。

その2つの違いとは「やり方」と「選び方」でした。


私の友人A君は20年前から1万円ずつ積み立てをしていました。
彼はサッカーが好きだったので、積立し始めて10年後に本場のサッカーを見たいとイタリアに思い切って観に行きました。
その友人A君は感動が大きかったのか、帰国後はその話を会うたびに半年ぐらいは言い続けました(笑)
その費用は約50万円。
友人A君は今まで毎月1万円積み立てしていた夢積立から引き出すことにしました。





その友人A君はイタリアに行くときに同じサッカー好きの友達B君を誘って行きました。
その友達B君も実は1万円ずつの財形積立をしていたのです。
友達B君はその財形積立の貯まった中から50万円を引き出して旅費にしました。


二人はその後もあの時のイタリアサッカー観戦旅行の思い出を語って会うたびに盛り上がっているそうです。
先日その友人A君が、「今度はドイツのリーグを観に行かない?」と言い出したのです。
友達B君も即答で「いいね!行こう」と答えて、いま計画中です。



そこで、友人A君と友達B君の現在の積み立てした資産総額を比べてみました。
毎月1万円ずつ積み立ていて20年間で総額240万円を積立していました。
10年前に50万円イタリアサッカー観戦旅行で50万円引き出しました。

友人A君の現在の資産総額は約300万円。
友達B君は現在の資産総額は約190万円。

なんと110万円の差が出ていたのです。
しかも友人A君は10年前に50万円引き出したにもかかわらず増えているのです。



この二人の差が「やり方」と「選び方」の差だったのです。


友人A君がやっていた「やり方」とは、
複利」だったのです。

友人A君は「単利」と「複利」の違いを知っていたのです。
単利とは1年間に預けた元金に1年分の利子がつくものです。
これに対して複利とは元金+利子に2年目からその(元金+利子)+利子となるのです。
言い換えれば利子にも利子が積み増ししてくるのです。
これは時間が経過すると雪だるま式に増え続けます。

かのアインシュタイン博士もこの世で偉大な発見は何ですか?と聞かれたら、
「それはもちろん複利の効果だよ!」と記者にジョークで答えた話は有名ですよね。
この複利は利率が高いとさらに効果が大きくなります。



2つめの「選び方」の違いは、
利率の高い運用」をすることでした。

友人A君は積立を始めたころの金利は1%を切っていたことを知っていたのです。
なので銀行の積み立てや財形貯蓄では増えないだろうと知っていたのです。

そこで友人A君が選んだのは同じ積み立てるのだったら運用利回りが高い商品でした。
そこは株式を活用した商品でした。
その商品はもちろん株式で運用するのでリスクはあります。
しかし、リスクばかりを考えていては増やすチャンスを放棄することを知っていたのです。

実際に、積立し始めたころは、株式は下落し続けました。
でも、友人A君はさらに凄いことを知っていたのです。
それは「ドルコスト平均法」
株価が下落すると更にチャンスが広がることを。

ここまで聞けば、「なんだか難しそうで知識もないので無理だ!」と思うでしょうね。
しかし、彼がやったことはとっても簡単なことでした。
選ぶのは最初の積み立てを始めた1回だけ。
その後は何もしません。
毎月通帳の中から1万円が引き落とされるだけです。
他は何にもしません。

これで彼は積立貯金の感覚で1万円ずつを毎月積み立てた結果、平均利回り7%以上で運用できたのでした。
なので、10年前に50万円を引き出しても積み立てた元金を減らすどころか元金を大きく上回るようになったのです。


これが「夢積立」です。



ちなみに、友達B君の口ぐせは、「株はリスクが怖いから・・・」

このようにリスクアレルギーが正しい金銭知識を受け入れない性格にしていたようです。
この正しい金銭知識を最近では「金融リテラシー」と呼んでいます。


友人A君は金融リテラシーが高く、
友達B君は金融リテラシーが低い。


「やり方」と「選び方」でこのように違ってきます。



貴方の「金融リテラシー」は大丈夫でしょうか?


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス(ブログには公開されません):

ホームページURL:

コメント:

認証(表示されている文字列を入力してください):
rl7f