TOPICS

デンスブレストが乳がん発見を遅らせる!

デンスブレストが乳がん発見を遅らせる!


佐賀市在住のファイナンシャルプランナー夏秋寛です。


乳がんの早期発見に効果的なのがマンモグラフィ。
しかし、このマンモグラフィも万全ではないようです。


特に若い人にはこのマンモグラフィではがんが発見できにくいようです。
その原因が「デンスブレスト




では、このデンスブレストって?


デンスブレストは高濃度乳腺です。
マンモグラフィで撮影すると白っぽく見えるため、同じく白く見える乳がんの病巣と見分けがつきにくいという特徴があります。

また、下の写真を見ていただくとわかるように、若いほど乳腺が濃くなります。





このような状態では雪山で白うさぎを探すようなものだと言われています。
デンスブレストの女性は非常に見つけにくいのが現状のようです。

このデンスブレストはアジア人の50歳未満では約80%だと言われています。
なんと5人に4人はデンスブレストなのです。

50歳未満では79%
50〜64歳未満は61%
65歳以上は41%

このように年齢が高くなるとデンスブレストも下がってきます。
なので、高齢ほどマンモグラフィは効果的だということです。



では、乳がん発見の確率を高めるためには?


特に若い女性には、
マンモグラフィ+超音波検査
マンモグラフィ+MRI

などをお勧めします。

超音波やMRIは、初期乳がんの小さなしこりを見つけやすいと言われています。
是非マンモグラフィと併用検査を実施してください。

これでかなりの確率で早期発見が出来そうですよ。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス(ブログには公開されません):

ホームページURL:

コメント:

認証(表示されている文字列を入力してください):
iq9u