TOPICS

マイナス金利がもたらすもの

マイナス金利がもたらすもの


佐賀市在住のファイナンシャルプランナー夏秋寛です。


2016年1月29日に日本銀行が日本初のマイナス金利を導入することを発表しました。
ついに日銀が奥の手を出してきましたね。

このマイナス金利が私たちにどのような影響をもたらすのかを考えてみたいと思います。


ところで、金利ってどうやって決まるのか?ってこのことから知る必要があります。

私たちが日頃利用している銀行は集めたお金を銀行の銀行(日本銀行)に預けています。
この時の金利が日頃私たちが利用している銀行の金利の元になっています。

日銀に歩ける金利が高ければ、都銀や地方銀行などの預金金利も高いのですが、
低ければ預金金利も低くなります。

ちなみに現在の日銀に預ける時の金利は0.1%です。
なので、これより高い金利を銀行がつけると銀行は赤字になります。
銀行の利益と経費を考えると0.03%の利率は納得出来ますよね。


金利はどうやって決まるのかは何となくわかりましたが、
誰がこの金利を決めているのだと思いますか?


それを決めているのが「金融政策決定会合」です。

この金融政策決定会合って何?って思う方に簡単に説明しますと、
政策委員会によって話し合いで決定されます。

今の政策委員会のメンバーはこの方々です。
https://www.boj.or.jp/about/organization/policyboard/index.htm/

こんな話し合いが定期的に開催されて金利を決めているのです。
次回は3月14・15日に開催予定です。
2016年は8回開催予定です。

日程はこちらで↓
http://www.boj.or.jp/mopo/mpmsche_minu/index.htm/

今回の1月28・29日での会合でも今回のマイナス金利導入には賛否両論あったようです。
最終決定でも賛成5、反対4ですんなり全員一致とは行かなかったようです。


ある人は、「マイナス金利が劇薬であるが、場合によっては毒薬になりかねない」とも言われています。



では、なぜこの劇薬のような金融政策に踏み切ったのか言うと、
アベノミクスの焦り以外何者でもないでしょう。

政府は思うようにインフレ2%の目標達成にはほど遠く、
打つ手打つ手も効果がなく、最後の一手がこのマイナス金利のようです。

是が非でもインフレ目標を達成させようと躍起になっているような気がしますよね。
これはもう日銀の意地のようです。


金融政策決定会合



ここからが本題です。

では、私たちの暮らしはどう変わるのだろうか?


まず、いつも利用している銀行の金利です。

この金利は確実に下がります。
もう既に、2月1日から銀行金利が下がっています。
横浜銀行(1年定期)0.025%が0.02%に
りそな銀行は(2年から5年の定期)0.05%から0.03%に
ソニー銀行は(通常預金)0.02%から0.001%に

こんな感じで銀行も即座に金利を下げてきました。
この流れはほとんどの銀行に広がると思います。


次に、比較的安全だとされる国債などで運用する投資信託のMMFなどについて、
安定した運用が難しいとして購入の受け付けを停止する動きが広がっています。

国債も金利がつかずに売れ残り政府の財源の確保が難しくなるかも。


逆に住宅ローンは金利低下になる可能性が高いようです。
しかし、今すぐって言うわけではなく、3月以降のようです。


為替は確実に円安になることでしょう。


株価はどうなるのかと言うと、基本的に上昇すると思われます。
今回の狙いはここです。


銀行は顧客から集めた預金を日銀に預けると金利を払わなければ行けないので、企業にその集めた預金を融資として貸し出します。
企業は資金繰りが良くなり、設備投資などで収益を伸ばすようになり、株価上昇と賃金上昇が狙えます。


このシナリオがうまくいけば、
物価も上昇してインフレに進んでいくとの考えです。

物価も上昇すると円安も進んでいくので、
一概にも企業が利益を出すとは言い切れませんが、
日本の財政改善にはこの方法しか無いようです。


通帳



これからの考えからにも変更が必要です。


もう、お金は預けても金利はつかないと諦めるしか無いようです。
また、金利は上がらないが、物価は上がり続けるって気付いて下さい。


結論から言うと、「銀行預金が一番のリスク」となる時代がついに来たということのようです。


こうなると、どうしたらお金を増やせるのか?


それは、運用しかないようです。


今までは資産運用や投資はリスクが伴うので・・・
と言っていた人も、資産運用や投資しかリスクを補えないと思うはずです。

それでも資産運用や投資はリスクがあるので嫌だと言う方は、
酷のようですがお金を増やすどころかお金を守ることを諦めて下さい


そして、最も注意すべきことは、
これから怪しい投資話が満盈していくかもしれません。
何が正しい運用なのか?
何が自分に合った運用なのか?
をしっかりと見極める眼力を持つことが必要となるでしょう。

もし、自分で無理ならば近くの専門家の力を借りるのもいいでしょう。
でも、その専門家を見極める眼力も必要ですがね(笑)





この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス(ブログには公開されません):

ホームページURL:

コメント:

認証(表示されている文字列を入力してください):
5c0d