TOPICS

資産を守る通貨分散術

資産を守る通貨分散術


佐賀市在住のファイナンシャルプランナー夏秋寛です。


あなたはコツコツ貯金するタイプですか?
贅沢を控えて、せっかく貯めた預貯金が何もしないで少しずつ減っていったらどうしますか?

100万円貯めた預貯金が10年で20万円減っていったら・・・


そんなことはないよ!
銀行預金に預けたらちゃんと元本も保証して利息も付いてくるし!



と思っている人は、残念ながらあなたの預貯金も確実に減っていきます
既にもう2万円減っているのです。

騙されてたまるもんか!と慌てて通帳記帳してもマイナスにはなっていません。
何故なら減っているのが目に見えないからです。


実は、減っているのは「お金の価値」なのです。


モノの値段(物価)が上がると、現金や預貯金の価値が下がります。
預貯金も物価上昇より高い金利が付いていれば価値が下がることはありません。

では、アベノミクスの成長戦略の柱であるデフレの脱却。
デフレを脱却することはインフレになるということです。

その目標値が年2%の物価上昇。
昨年はこの2%の物価上昇が達成されました。
この中身は消費税の増税、円安による輸入材料の高騰など。

注意すべきことは、
預金通帳に物価上昇分のマイナス分の記入があればわかるのですが、
減った価値が目に見えにくいことです。


安倍内閣が今後も約束した通りに年2%の物価上昇を目指すならば、
10年後には今のお金の価値の20%減となるのです。

100万円の預金通帳で買えるものは今の80万円の商品となるのです。
もし、10年後に今の100万円の商品を買うのならば現時点で120万円貯金通帳にないと買えないのです。


そこで、インフレになると今の貯金の価値が下がるのをただ黙って見ているしかないのだろうか?



マネー




物価上昇で預貯金の価値が下がることを防ぐ方法はあります!


「それは、通貨を分散することです」


インフレになり物価が上がると、今まで買えたものがお金が足らなくなって買えなくなります。
なのでお金の価値が下がります。
これは日本だけ物価が上がって、米国では物価がそのままだったら同じモノを買うのでも1ドル=100円だったのが、1ドル=120円となります。
これが円安です。


なので、物価が上がると「円安」になると言われます。


10年後に物価が20%上がったとします。
その時に1ドル=160円になったと仮定します。


1ドル=100円の時に100万円で10,000ドル買います。
10年後にインフレで1ドル160円の円安になっていれば、
10,000ドルは160万円になります。

一方で、円で100万円を持っていた場合は20%の物価上昇で80万円の価値です。

同じ100万円を10年間円で貯金に預けるのと、
通貨を分散してドルを買っておくのでは2倍の差になる可能もあります。


インフレになると円はリスクが高くなるのです。


では、本当に10年後、15年後、20年後に物価上昇してインフレが続くのか?
これも疑問ですね。

確実に言えるのは、将来はだけもわからないってことです。
だから円がダメで、外貨が絶対にいいとは言いません。

ただ、為替はリスクがあるって思っている方は、
円にも同じようにリスクがあるってことを知っておいて下さい。


結論を言いますと、未来は誰にでもわかりません。
でしたら、両方の通貨を持っていればいいのでしょうか?

円100%の資産を、
30〜50%外貨に変えてみてはいかがでしょうか?


この通貨分散が資産を守ることになります。


では、どんな通貨を持てばいいのか?
どんな外貨商品を持てばいいのか?
詳しく知りたい方はお気軽にご連絡下さい。



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス(ブログには公開されません):

ホームページURL:

コメント:

認証(表示されている文字列を入力してください):
pb7e