TOPICS

人生でお金が貯まる期間は2回しかない!

人生でお金が貯まる期間は2回しかない!



佐賀市在住のファイナンシャルプランナー夏秋寛です。

「なかなかお金が貯まらない・・・」
と嘆いている方がいます。

「それ、私のことよ!」
って声の聞こえそうです。


今までたくさんの方のプランニングをさせて頂きました。
その中の一番多い悩みがこの「お金が貯まらない」です。



実は、当たり前のことです。

支出が多い時には、資産は増えないですよね。
増えるどころか、減る一方だと言われる方も少なくはありません。

なので、大きく資産が増える時期と増えにくい時期があるのです。
お金は無理して増えるものではありません。
無理して増やそうとすると逆に減らせることになるかも・・・


では、どんな時に支出が多いのでしょう?
考えてみて下さい。

たぶん、未就学時の保育料を思い浮かべるでしょう。
子どもの習い事や塾などにもかかるでしょう。
大学に子どもを行かせているからでしょう。

このように、子どもにかかる費用が多いので貯蓄が出来ない場合が多いようです。


では、逆に子どもにお金がかからない時期はいつでしょう?


それは、2回あります。

1回目は、子どもが小学生の時。
2回目は、子どもが就職したとき。


大きく分けると、この2回でしょう。



就職


この時期が資産が増える期間です。
では、1回目は期間が決まっていますよね。
なので、2回目の期間が重要になってきます。


1回目の期間は、年齢も若いので収入も多くありません。
2回目の頃は、年齢も経過して勤務年数も経っているので収入の多少は増えていることでしょう。

2回目の期間が長いと資産が増える仕組みになります。
この期間がしっかりあれば、いま資産がなくても十分に将来増やせる可能性があります。


問題なのが、
この期間が短く、退職(リタイア)になった場合です。

特に、35歳過ぎてからの子どもが出来た場合は要注意です。
この場合に子どもが大学を卒業して就職した時に年齢は57歳です。
60歳の退職まで3年しかないのです。
貯めようと思っても働ける期間が3年なのです。


一方、25歳の時に子どもが生まれた場合は、
大学卒業時には47歳です。
60歳の退職まで13年あるのです。


このように、昨今の晩婚化・高齢出産が2回目の期間を短くしているのです。
なので、35歳以降に子どもが出来た方は計画して貯蓄をしなければいけません。


結論から言うと、
子どもが出来てからは、就職するまではお金は貯まらない。
子どもが就職したら、直ちに資産づくりを始めることをお勧めします。

そして、あと1回は、独身や結婚してから子どもが出来るまでです。
この期間もしっかり財産作りをしましょう。


人生でこの2回しか貯まる期間はないですので!






どんな貯め方がいいのかは、相談して下さいね。
わくわくするプランをご紹介しますので。




この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス(ブログには公開されません):

ホームページURL:

コメント:

認証(表示されている文字列を入力してください):
0ube