TOPICS

日本という家庭のライフプランを考えてみた

日本という家庭のライフプランを考えてみた


佐賀市在住のファイナンシャルプランナー夏秋寛です。


昨日(2015.1.14)閣議決定で2015年の国家予算が決まりました。
今後は成立に向けての手続きとなります。


そこで、今回の日本国の1年間の予算を1つの家庭と考えて収支を考えてライフプラン作ってみました。

歳入は
税収入:54兆5250億円
税外収入:4兆9540億円
新規国債発行:36兆8630億円

合計:96兆3420億円

歳出は
社会保障:31兆5297億円
公共事業:5兆9711億円
文教科学:5兆3613億円
防衛:4兆9801億円
地方交付税交付金:15兆5357億円
その他:9兆5133億円
国債償還:23兆4507億円

合計:96兆3420億円


と、このままじゃわかりにくいので、家庭に置き換えてみるとこうなります。


【日本家(ひのもと家)の年間収支予算】

国家予算


何故だか、この日本家(ひのもと家)は借金が8070万円もあるのにも関わらず、
毎年お金を貸してくれる善良なサポーター(国民)がいるのです。
普通だったら既に自己破産ですよね(笑)


しかし、夢だけはいつも大きく語っています。


将来は、収入も上がり、借金も減らして、
老後は安泰で悠々自適な生活で過ごしたい・・・
こんなことをいつも口にしています。

今のままでは到底叶うはずもありません。
仮に、この世帯主が50歳であれば、
来年から一切借金ナシでも8070万円を234万円づつ毎年返済しても約34年かかります。

でも、実際は毎年134万円の借金が増え続けています。
このまま10年も経てば9410万円にも膨れ上がります。


こうなると、もう定年退職してからは返すことが出来ません。
最終的には息子や孫に返してもらうしかありません。
日本家の得意技は「先送り」です。

問題が発生すれば、いつも先送りの技でその場を乗り切ります。

だが、いつまでもこの技も通用しなくなったのです。



もし、あなたが結婚して嫁ぐとします。
こんな家に嫁ぎたいですか?

誰もこんな家に嫁ぎたくないですよね。
しかし、これが日本の現状です。




この日本に今後期待しても未来は望めますか?
もう国に依存してもその力があるのかは微妙です。


だから、自力を付けるのです。



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス(ブログには公開されません):

ホームページURL:

コメント:

認証(表示されている文字列を入力してください):
9rot