TOPICS

自動車保険で条件設定を気にしないでいい方法

自動車保険で条件設定を気にしないでいい方法




佐賀市在住のファイナンシャルプランナー夏秋寛です。


自動車保険を安くする方法に、運転者の年齢制限を付けると安くなりますよね!

一般的には、
35歳以上
26歳以上
21歳以上
年齢を問わず

の4段階に分かれて、35歳以上が一番安く、年齢を問わずが一番高くなります。
運転者の年齢に応じて、条件を見直すと保険料を安くすることが出来ます。


また、運転者の範囲を限定すると保険料はもっと安くなります。

例えば、夫婦しか車を運転しない場合は、夫婦限定。
本人だけしか運転しない場合は本人限定。

そして、注意しなければいけないのが家族限定。


家族限定は家族全員が保障の対象でないのです。

ここで言う家族とは、
●記名被保険者(主に車を使う人)
●記名被保険者の配偶者
●記名被保険者またはその配偶者の同居の親族
●記名被保険者またはその配偶者の別居の未婚の子(婚姻歴がない)



「これでヨシ、保険料も安くなってバッチリ!」

と思ったが、この条件設定ので保険金が支払われない場合があります



事故




事例1)
Aさんの大学生の息子が最近自動車免許を取得して、Aさんの車を乗るようになりました。
21歳になったので、条件を「年齢問わず」から「21歳以上」に変えました。

息子さんは同級生と時々ドライブに行きます。
そのために、家族限定にはしていません。

これで、同級生が事故を起こしても補償があると思っていました。

不安は的中。
ドライブでは、Aさんの息子さんと同級生が交互に運転をしました。
まだ運転が未熟なのは同級生も一緒でした。
駐車場に車を停める時に隣の車にぶつけてしまったのです。

もちろん、Aさんは「21歳以上」に設定していたので、今回も息子の同級生がぶつけた事故は補償してもらえると思っていました。

しかし、保障はされませんでした。

なんと、息子さんの同級生はまだ誕生日が来ていなかったので20歳でした。
20歳では対象外です。



事例2)
Bさんの息子さんは昨年結婚して隣に住んでいます。
たまに息子夫婦と一緒に旅行に出かけます。
最近Bさんは長時間運転すると疲れるようで、息子さんと運転を代わってもらいました。

知らない道だったので、注意していたのですが事故は起こるものです。
曲がり角で出会い頭にぶつけてしまいました。

Bさんは「家族限定」にしていたので保険で保障されると安心していました。
しかし、保険は支払われませんでした。

家族限定は同居に限ります。
結婚して別居になれば支払いの対象から外れます。



このように、対象じゃないと保険は支払われません!



私も現在50歳です。
条件は「35歳以上」「夫婦限定」にしています。



ところが、息子2人が今年と来年に免許を取得する予定です。
すると、当然に私の車を乗るでしょう!

なので、彼らの運転を保障するために条件を無条件にしなければいけません


せっかく、条件設定で保険料が安くなったのだが・・・






また、年に数回しか帰って来ない息子が運転するので、仕方なく条件を「年齢問わず」としている人もいるでしょう?

このような方に朗報です!





1日だけの自動車保険があるのです。

しかも1日500円で自動車保険が加入出来るのです。
車両保険を付けても1日1000円


これだと、年齢や範囲の条件をわざわざ年に数回のためにだけに変えることをしなくてもいいですよね!


しかも、申込は携帯で簡単に出来ます。
また、支払いも携帯の料金と一緒に加算されてきます。

すでに100万件の利用があっているようですね!

さらに、今は利用しなくても、登録するだけでローソンのお買い物券が当たるキャンペーンもやっています。

取り敢えず、使いかどうかは別として登録だけしとけば良いですよね!


登録はこちらのQRコードから↓
ちょいのり保険


ちょいのり保険
http://www.tokiomarine-nichido.co.jp/service/auto/ichinichi/





我が家はこれで、条件を変えずに息子達の運転を保障しています。

皆さんもオススメですよ!





この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス(ブログには公開されません):

ホームページURL:

コメント:

認証(表示されている文字列を入力してください):
8cok