TOPICS

ついに、国債の金利が0%に!

ついに、国債の金利が0%に!


佐賀市在住のファイナンシャルプランナー夏秋寛です。


10月31日に発表した日銀のサプライズ金融緩和策で国債の価格が急降下しています。


日銀は市場にお金のを流通させて、株式市場を活発にして景気回復を狙った施策でした。
これに株式は反応して、順調に株高傾向になっています。

消費税UP先送り、解散総選挙発表で一時的に下がったものの、現在では堅調に推移しています。



一方、債券市場では、国債が売られて価格、金利共に下落しています。
そして、「新窓販国債」の2年もの11月期販売の金利が0%になってしまいました


国債




新窓販国債」って、「個人向け国債」と違うの?



新窓販国債とは、平成19年10月より開始された、新しい窓口販売方式により発行される国債のことです。

もっと気軽に誰でも購入しやすいように、満期2年・5年・10年の短めの固定利付国債を最低5万円から5万円単位で購入できる仕組みです。

購入対象者に制限はなく、個人のほか法人・任意団体なども購入できます。


個人向け国債と違って、国の買い取りによる中途換金制度はなく、いつでも市場価格で売却できます。


新窓販国債:財務省
http://www.mof.go.jp/jgbs/individual/kojinmuke/shinmadohan/



「0%」の金利の国債なんて、誰も買いません。
なので、今回の11月期の販売は中止になりました。


また、5年ものは応募者利回り年0.099%(税引後 年0.058%)です。
この金利では、資産運用のレベルの金利ではありませんよね。




しかし、国債の金利が下がると良いこともあります。

それは借入や住宅ローンの金利が下がることもあるのです。
また国債価格が低下すれば金利が上昇しやすいともいわれています。


この国債0金利で市場が活性化するのかが注目ですね。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス(ブログには公開されません):

ホームページURL:

コメント:

認証(表示されている文字列を入力してください):
qzxa