TOPICS

生命保険料控除で得する人、損する人

生命保険料控除で得する人、損する人


佐賀市在住のファイナンシャルプランナー夏秋寛です。


この時期になると保険会社から生命保険料控除証明書が送られてくると思います。

この生命保険料控除は現在は旧契約と新契約の2段階に分かれています。
それによって、以前よりも得する人も出てきました。

今迄は生命保険料控除を5万円受けていた人が、
4万円プラスになって最大9万円に。
個人年金も加えると最大12万円もなります。



えっ、生命保険料控除って最大5万円までじゃなかったの?


って思っている人が多いと思います。
実は、平成24年1月1日以降の契約については、
死亡保障の保険は最大4万円
介護医療保険は最大4万円
個人年金保険は最大4万円
が新設されたのです。


生命保険料控除 新設





では、平成23年以前に加入した保険はどうなるの?

その場合は、旧制度が適用になります。
保険料年間10万円以上の場合は5万円の控除がそのまま適用になります。


生命保険料控除 旧



この2つが混在する場合は、それぞれに控除が受けられるのです。

例えば、平成23年前に加入の生命保険を今までのように年間10万円以上保険料を払っていたら5万円の所得税控除が受けられます。

そして、平成24年1月1日以降に、「医療保険」「がん保険」「介護保険」に加入した場合に、これらの合計で年間に8万円以上保険料を払った場合は4万円の控除が別に受けられます。

旧制度と新制度を併用して、なんと9万円の控除となるのです。


平成24年1月1日以降に「医療保険」「がん保険」「介護保険」に加入した人はチャンスですね!

逆に、医療保険だけに加入して、平成24年1月1日以降に保険を見直して契約しなおした方は、最大4万円になり、旧制度の5万円よりも1万円少なくなります。
今回得する人は、死亡保障と介護医療保険の両方に加入している人にメリットがあるようです。



生命保険料控除 新旧表



また、平成23年以前の契約がない方にもメリットがあります。
平成24年1月1日以降に保険を見直した、または新しく加入した方も注目です、

それまでは、死亡保険と医療保険は一緒に計算されていました。

しかし、新制度からは死亡保障で4万円、介護医療で4万円に分かれたのです。
いままでは最大5万円でしたが、新制度では8万円になるのです。


最近は、消費税増税や配偶者控除廃止などの議論で増税ばっかりの感じがしますが、
この生命保険料控除でガッチリお得になって下さいね。



わからない方は個別にご相談下さいね。



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス(ブログには公開されません):

ホームページURL:

コメント:

認証(表示されている文字列を入力してください):
jq05