TOPICS

がんの保障がタダで付けられる方法

がんの保障がタダで付けられる方法




佐賀市在住のファイナンシャルプランナー夏秋寛です。



最近の保険の見直しでよく行われるセオリーは、

収入保障保険+終身保険+医療保険+がん保険



このパターンが比較的に多いようですね。

必要保障額を算出して、顧客の要望に応えるとこのような組合せになりますよね。



しかし、一見効率よく理にかなっているように見えますが、
ここで注目したいのが「がん保険」です。


がん保険に加入している人は多いですよね。


生命保険文化センターの「生命保険に関する全国実態調査」によると、生命保険に加入している世帯のがん保険(がん特約)加入率は約6割になります。


このがん保険はがんだけの病気に対して保険金が支払われる保険としては割高のように感じます。
決して安くはないですよね。


日本で一番がん保険を販売している某保険会社(アヒル)では、
30歳男性で2,870円
35歳で3,470円
40歳で4,310円
私は50歳なので6,990円となります。


どうですか?
決して安くないでしょ?


でも、がんになればそれなりの保障が得られますので、
心配な方は加入してもいいでしょう。


しかし、家計に余裕がない世帯では、
このがん保険が家計の負担になる場合もあります。


近年では、若年者や子育て世代でがん保険の加入率が下がってきています。
その背景としては、がんの罹患者が60歳以上に集中しているので、
30歳代の方はまだ実感がないとのこと。

また、がんの保障よりも、教育費確保の方が優先のあることなど。



がん保険




そこで、ある方法を使うと「がん保障がタダになる」方法を見つけました

しかも、この方法はがんだけではなく、急性心筋梗塞や脳卒中になった場合にでも使えます。
30代・40代ではがんも心配ですが心疾患や脳血管疾患も少なくはありません。




では、どうすればいいのか?


それは、終身保険にある工夫をするのです!




えっ、それだけ?


そうなのです、終身保険にちょっとだけ何かを付けるのです。


その何かとは?
特定疾病保険料払込免除特則」です。


この「特定疾病保険料払込免除特則」ってなに?
と思われる人のあるでしょうから、簡単に説明します。

「がん」「心筋梗塞」「脳卒中」に罹ったら払込が免除されるっていうことです。


終身保険は貯蓄性が非常に高い保険商品です。
資産形成には非常に効果的な商品として幅広く活用されています。
最近では、学資保険の代わりとして活用される人も増えてきました。


その終身保険に「特定疾病保険料払込免除特則」を付けるとどうなると思いますか?

「がん」「心筋梗塞」「脳卒中」に罹ったらその後の保険料を払わなくていいのです。
そして、保障はそのままで継続します。

では、払わなくて良かった保険料は誰が払うのでしょう?

それは、保険会社がその後に、契約者に代わって払い込んでくれます。
とてもいい制度ですよね。



でも、これが何で「がん保険」の代わりになるの?
と疑問に思う人もいるでしょう。



確かに、払込が要らなくなっただけでは、がん保険の代わりにはなりません。


実は、日本で販売している保険会社で2社だけ、とんでもない驚きの制度があるのです
それは、「がん」「心筋梗塞」「脳卒中」に罹ったら、その時点で払込を全部保険会社が一時金で立替えて払ってくれるのです。



具体的に事例をだすと、

31歳の男性が700万円の終身保険を加入しました。
保険料は13,702円です。

払込は60歳満了です。


60歳まで払込めば保険料払込総額約476万円、払い込み終了後解約で約530万円戻ってきます。



こんな契約です。



もし、加入1年目でがんに罹った場合には払込総額164,424円です。
この後の払込は不要です。

そこでこの保険を解約した場合は、
通常の保険会社は解約返戻金は4,900円程度です。


しかし、ある保険会社の「特定疾病保険料払込免除特則」付きの終身保険は、
払込を保険会社が残額を一括払いしてくれるので、この時点で解約すれば約383万円の解約返戻金が受取れます。

全部解約でなくても、一時解約も出来ます。
また、すぐに解約しなくても10年後では425万円になるので投資効果としては大変高いです。


何回でもいいますが、全ての保険会社の「特定疾病保険料払込免除特則」でこのようになるわけではありません。


この仕組みは、がんだけでなく、心筋梗塞や脳卒中にも適量されるので、がん保険よりも保障の幅が広がります。


ちなみに、この「特定疾病保険料払込免除特則」を付ける場合と付けない場合の保険料は、
このケースで497円増えるだけです。これは付けない手はないですよね。



無事に、「がん」「心筋梗塞」「脳卒中」に罹らなかったら、終身保険でしっかり資産づくりで来ます。
この制度を使えば、無理して高いがん保険に入る必要はありませんよね







詳しく知りたい方は、ご相談いただけるとご案内しますので、
お気軽にお問い合わせ下さい。




この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス(ブログには公開されません):

ホームページURL:

コメント:

認証(表示されている文字列を入力してください):
rguc