TOPICS

伴走者はいますか?

伴走者はいますか?


佐賀市在住のファイナンシャルプランナー夏秋寛です。


佐賀市に凄いランナーがいるのをご存知ですか?

柳川春己さん(58)です。
ご存知の方は多いかと思います。
盲目のランナーとして有名ですよね。

柳川さんは小児緑内障で8歳で視力を失いました。
そして1989年に誘われて大分県で開かれたマラソン大会に出場したことで人生が変わったとのことです。


それから練習を重ねて、ホノルルでフルマラソンを経験して自信をつけ、パラリンピックを目指すようになりました。
バルセロナを経てアトランタで念願の金メダルを獲得。日本人初の優勝だった。


柳川さんは「夢さえあれば壁を越えられる」と講演会で話しておられました。
そして、「目が見えないから不幸と思ったことはない。夢、目標を持てないことが一番の不幸」と言われています。


しかし、本人の努力は絶対条件ですが、それと同じくらいに重要なポイントがあります。

それは、伴走者の存在です。



盲目のランナーはひとりで走る事は出来ません。
必ず伴走者がいないと走る事が出来ないのです。


この伴走者は、
柳川さんがどんな状態なのか?
何を目標としているのか?
を理解していないと伴走者が勤まりません。


良きランナーは、良き伴走者が絶対条件なのです。









ビジネスも一緒です。
成功者には必ずナンバー2の存在やフォロアーが必ずいます。
時にはメンターと呼ばれる伴走者の存在も必要となります。

ひとりでビジネスを成功する事はまず無理でしょう。



では、人生はどうですか?


人生も一緒です。
ひとりでは生きて行けません。
伴侶を必要としています。
夫婦共に苦難を乗り越えて生きて行きます。


このように、いかなる時も伴走者の存在は欠かせません。



家計も例外ではありません。
自分たちで判断して自分たちで解決するのと、
専門家がアドバイスして、豊富な選択肢の中から実行するのでは成果が全然違います。

また、その後の検証まで出来るのが専門家なのです。

特に、経済や資産運用、保険などは一般の人には難しく、そこの部分を精通するのは容易ではありません。

最近では、自分でネットで調べて判断する人が増えていますが、
必ずしも効果があるとは限りません。

家電や旅行などはネットで調べるのはいいでしょうが、
金融商品や保険は情報の限界があります。

金融商品は広告の規制があるので、情報が限られています。
また、ネットには企業の都合の良いような情報を恣意的に出しています。


一般の方には、その情報の分析は無理です。
専門家や取扱者しか知らない情報は最も大事です。


これらに、時間をかけるのは無意味です。
プロに任せた方がいいのです。


そのような、プロを伴走者にすると成果が格段に違ってきます。

そこで、この伴走者選びが最も大事になってきます。
間違えば、増やすどころか資産を減らす事になる可能性もあります。


【家計の伴走者の条件】

1、その分野の専門家であるか?
2、情報が新しいのか?
3、常に情報を発信しているのか?
4、マクロ的に経済を捉えているか?
5、経験が豊富なのか?

これらの条件を全て満たしている人が、良き伴走者だと思います。



私は、ファイナンシャルプランナーである前に、
常に「良き伴走者」になりたいと思っています。



もし、家計の見直しや資産形成を行う場合は「契約がゴール」ではありません。
契約からがスタートなのです。

そして、伴走者となって、共に夢の実現に向けて走って行かなければいけません。




あなたには、よき伴走者はいますか?



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス(ブログには公開されません):

ホームページURL:

コメント:

認証(表示されている文字列を入力してください):
dx87