TOPICS

老後の理想と現実

老後の理想と現実


佐賀市在住のファイナンシャルプランナー夏秋寛です。


老後にどんな希望や夢がありますか?


「老後は豊かな老後をおくりたい」
「老後は好きな趣味などをして楽しく過ごしたい」
「老後はいろんなところに旅行に行きたい」



老後になると、体力的にも仕事が出来ずに収入がダウンします。
また、定年後の再就職も希望するような仕事にも就けず、
収入も大幅に現役の時よりも下がります。


これは誰でも予想できる老後のリスクです。


この老後のリスクは回避することは出来ます。
回避方法は、
仕事をいつまでも続けて収入を確保する方法と、
十分な老後資金を現役時に確保する方法です。


しかし、いつまでも老後に健康で働ける保障はありません。
また、生活のためにいつまでも働き続けるのは、
理想の老後とはかけ離れていきますよね。



老後


今のままで、あなたが希望する理想の老後を迎えられそうですか?



年金は支給年齢を引き上げ、
支給金額も減額されます。

日本経済はブルーカラー(生産労働者)などの労働力が海外に移行されて、
ホワイトカラー(事務職)のみになり、高齢者が働くのには厳しい状態になっていきます。


老後に十分な生活費を確保するには再雇用の安い給料で賄うのは不可能です。
十分な収入を確保するためには現役時よりもたくさんの労働時間が必要になるかもしれません。

これでは老後は休まることが出来ません。




残された回避策は2つだけ、
現役時代に老後資金を確保すること退職金を減らさないこと


現役の時にしっかり働いて貯めていれば良いのです。
しかし、一生懸命に働いたお金も貯金に預けても増えませんよね。

増えるどころか、物価上昇の方が高くなり、
預金をしているだけで目減りしている状態です。




そうなのです、何もしなければ
一生懸命に働いて貯めたお金が減ってしまうのです。

汗水流して働いたお金が、怠けて寝転んでいる状態なのです。

これでは、せっかく老後のために貯めたお金は増えません。
お金にも働いてもらうべきです。


お金は甘やかせばどんどん減っていきます。


あなたは「我が家の老後資金確保会社」の社長なのです。
そして、老後のために貯めたお金が社員なのです。

その社員がよく働き、たくさんの収益をもたらすのかは、
社長であるあなたの腕にかかっているのです。

しっかり指示をしておけば十分な資金を確保する可能性は高いのです。
逆に、社長が無知で怠けていると会社は倒産します。


また、退職後に働けなくなったら、
自分に変わってお金にも働いてもらうのです。



では、どのように働かせればいいの?

それはバランスの取れた利率のよい資産運用をしなければいけません。
でも、それを見分けられるのは素人では難しいです。
そんなのが分かっていれば誰でもやってますからね。

そこで、会社ではどんなことをやっているのだと思いますか?
会社は専門のコンサルタントに依頼するのです。



では、個人はどうするのでしょうか?
そんなときにアドバイスや伴走してくれるのがファイナンシャルプランナーなのです。




一生懸命に働くのは何故ですか?


それは、豊かな老後や生き甲斐のある老後のためではないのでしょうか?
一生懸命に働くだけでは幸せになれないのです。


理想の老後を手に入れるには、
ひと工夫が必要なのです。


それは、「やり方」なのです。


あなたの老後は「やり方」で変わるのです。








老後資金作りのご相談はこちらへ
http://form.os7.biz/f/35b2ef24/


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス(ブログには公開されません):

ホームページURL:

コメント:

認証(表示されている文字列を入力してください):
4u1v