TOPICS

法律上の父、生物学上の父、どっちが本当父親?

法律上の父、生物学上の父、どっちが本当父親?



佐賀市在住のファイナンシャルプランナー夏秋寛です。

2014年7月17日、最高裁で注目の判決が言い渡されました。


「婚姻中の妊娠は、生物学上に関係なく法律上は父親である」
との判決です。


血が繋がっていようと、関係なく、
婚姻している場合は父親であり、
その後もたとえ本当の父親で無いと判明しても法律上は父親となります。


今回はDNA鑑定で、法律上の父親と血縁関係が無いと検査結果が判明しても覆りませんでした。



今回の裁判で争ったケースであれば、
婚姻中に妻が不倫して、不倫相手の子どもを妊り黙って出産した場合、
父親は我が子と思って育てていました。
もちろん、法律上も父親になっています。

しかし、実際は血が繋がっていない親子なのです。
その後、妻が事実を告げて離婚となった。

離婚後の妻は不倫相手と再婚をして、
実際の血の繋がった子どもと生活していたのです。


でも、その子どもは法律上は元父親も子どもです。
実際に一緒に住んでいる血の繋がった父親は法律上は「単なる同居人」なのです。


今回の裁判では、妻の訴えを退けて、
いくら血が繋がっていようとも、民法で一旦認めた父親を取り消すことは出来ないとのことです。



そこで、この子どもはどうなるのでしょうか?



親子



ファイナンシャルプランナーの立場から考えてみました。


この子どもは誰から相続を受けるのだろうか?


元妻と不倫相手の間には再婚後は配偶者関係にあります。
不倫相手が死亡した場合は元妻に財産が相続されます。
子どもは親子関係がないので相続されません。

その後、元妻が亡くなった場合にはその財産は相続されるかもしれませんが、
不倫相手が死亡した時には相続の対象者ではありません。


また、不倫相手が死亡したときに元妻が既に亡くなっている場合には、
不倫相手の両親が相続します。
その両親も亡くなっている場合は不倫相手の兄弟姉妹が相続します。

決して子どもが相続することはありません。


逆に、法律上の父親が亡くなれば、この子どもに相続権が発生します。
法律上の父親が再婚していない場合はこの子どもが相続します。



法律上で親子と認められるかどうかは相続でも大きな影響を及ぼします。
この子どもが相続を出来るのは、不倫相手の父親と養子縁組するしかありません。
血が繋がっている父親と養子関係になることしか今の法律は認めていません。




今回の最高裁の判決も裁判官5人の中で3対2に分かれるほど激論となりました。
今後判決が覆る可能性も無いとは言えません。


非常に難しい関係ですよね。
100年前に出来た民法が現状に合っていない違和感がありますので、
もうそろそろ見直しの時期に来ているかもしれませんね!


皆さんはどう思いますか?






30歳から考える相続セミナー
http://wing.area9.jp/article/0195063.html



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス(ブログには公開されません):

ホームページURL:

コメント:

認証(表示されている文字列を入力してください):
egtm