TOPICS

保険は投資商品だ!

保険は投資商品だ!


佐賀市在住のファイナンシャルプランナー夏秋寛です。


皆さんは生命保険に入っていますか?
その目的は何ですか?


「生命保険はお守りのために入ってる」

このような声をよく聞きます。


しかし、残念ながら保険に入っていても、
死亡したり、病気になったり、年を取ることは避けられません。

逆に、避けられないから生命保険に入るのです。


生命保険の基本は、少ない保険料で必要な保障を加入者全員で補うシステムです。
なので相互扶助になってるのです。


この仕組みは投資商品と似ています。

死亡保険は、保険金額を上回る保険料を払うことはありません。
加入が浅いほど、費用対効果が高いのです。


特に投資効果が高いのが終身保険です。

一生涯の保障があるので、払った保険料は必ず保険金で回収できます。
払い込み金額も保険金額を上回ることはありません。

しかも、解約すれば払戻金も場合によっては払込額を上回ることもあります。



次に効果が高いのが、定期保険。

この定期保険は、払戻金がないタイプが多く、保険料が安いので、
保障に対しての費用対効果も高くりっぱな投資商品です。

しかし、残念なのが、死亡せずに保障期間が終われば終了となります。
この場合には、投じた資源が消滅してしまいます。



投資効果が全くないのが医療保険です。

保険料は例えば月々4,200円払っている場合、
10年間で50万円、20年で100万円となります。

では、20年間でどのくらいの入院をするのだろうか?
100万円分の入院給付金を受け取るのに200日も入院しなくては元を取れません。

1年で10日、毎年入院しないと損をするのです。
しかも、医療保険の加入の効果は、これ以降に入院がある場合です。

1入院60日型の医療保険は、1つの病気の原因で入院した場合に最高で60日までしか出ません。
なので、入院給付金は最高30万円です。(手術はないものとします)

100万円投資して、リターンは30万円と考えるならば投資商品としては疑問ですね。
ただ、加入が短期でフルに給付金をもらって解約すると費用対効果は大きいですが・・・
しかし、実際にこの効果を出している人は極わずかです。

ほとんどに人は、保険会社に上納しているのです。




このように、絶対に損をしない保険商品は終身保険です。
逆に、絶対に損をしやすい保険商品は医療保険です。


仮に、終身保険ばかりを販売すると保険会社の経営は厳しくなります。
必ず支払う方が多くなるので。

なので、集めた保険料で上手く運用しなければいけません。
これがなかなか難しいのです。


だから、保険会社にとってオイシイ保険が医療保険なのです。
また、死亡率が低い方に対しての定期保険なのです。

これらを販売してバランスを取っています。


保険証券


リターンだけを考えてください!

預貯金では10年間でどのくらいのリターンがありますか?
投資信託では10年間確定したリターンが望めますか?

生命保険は数千円で数百万円から数千万円のリターンがあります。
また、10年間の確定したリターンもあります。



以上の理由から、私は

終身保険こそが最強の投資商品だ!

と考えています。



そんな終身保険にも最強の終身保険があります。




保障の面でも終身保険は最強の投資商品ですが、
運用面でも最強の終身保険があります。


そんな最強の終身保険に興味がある方は、
個別相談でお話ししますのでお気軽にお尋ね下さいね。



生命保険は資産なのです。


あなたの生命保険の費用対効果は大丈夫ですか?








保険相談
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス(ブログには公開されません):

ホームページURL:

コメント:

認証(表示されている文字列を入力してください):
b96l