TOPICS

ライフプランは紙に書くのが目的じゃない!

ライフプランは紙に書くのが目的じゃない!



私たちファイナンシャルプランナーの仕事はライフプランの作成を中心としています。

ライフプランってなに?
ってあまり漠然としてピンと来ない人も多いでしょう。

そうです。
ライフプランって幅広いのです。
直訳すると人生設計ですよね。



人生を設計するために何が必要なのか?

1、「夢」や「希望」の達成
2、理想の「生き方」

この2つがポイントとなります。


夢や希望を達成するためには、目標が必要になってきます。
この目標は数値に置き換えることが出来ます。

数値に置き換えると目に見えて分かりやすくなりますよね。
ここでFPがよく使うのがキャッシュフロー表。

キャッシュフロー表とは家計や資産の収支の流れが時系列で20〜30年ほど計算した表です。
これで未来の資産を予測するのです。


ライフプラン 相談 保険 家計 見直し



では、これはFPにしかできない作業なのか?


いえいえ、誰でもソフトを使ってパソコンに入力すれば簡単にできます。
そこに出てきた数字は予測の数字です。
数%上昇率を変えただけでどんなにも調整できます。

あなたならこの表を見てどう思ういますか?

不安になったり
安心したり
それぞれで捉え方も違うでしょう。



私は15年前からファイナンシャルプランニングを行ってきていますが、この15年間を通して気づいたことがあります。
ほとんどに人がこのキャッシュフロー表通りいっていないのです。


理由は、これだけ世の中が凄い速度で激しく変化しています。
支出だけしか計算できないキャッシュフロー表は役に立たないものになってきています。



もう一つの理由は、何も行動しない人です。
キャッシュフロー表を作って家計の改善をしても一時的のようです。
ライフスタイルそのものが変わらない限り将来の資産に大きな変化は現れません。




では、ファイナンシャルプランナーは無力なの?


はい、残念ながら無力です。

何も行動しない人には無力なのです。
紙にプランを書いているだけのFPは必要なのです。



理想の生き方



では、真のファイナンシャルプランナーは何をするの?


それは、「理想の生き方」をサポートするのです。

これは数字に現れません。
評価もしにくいです。

しかし、人生設計には最も重要なことではないでしょうか。


共に最良の生き方を伴走していくのが求められるFPではないのだろうか!



私は理想の生き方をサポートしていきたいと思います。








この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス(ブログには公開されません):

ホームページURL:

コメント:

認証(表示されている文字列を入力してください):
ds77