TOPICS

4月から保険料値上げ

4月から保険料値上げ


金融庁は、4月から生命保険各社が保険料を決める際の目安としている「標準利率」を、現在の年1.5%から1.0%へ、12年ぶりに引き下げる見通しです。



「標準利率」ってなに?

標準利率とは、保険会社が将来の保険金支払いのために備える責任準備金を積み立てる際に使用する利率として義務付けられているもの。
これが引き下げられると、保険会社は責任準備金の額を増やさなければなりません。
計算方法は10年物の国債の3年間を参考にして0.5%以上の差が出た場合に改正します。
昨年の10月1日を基準に改定となったようです。


標準利率表



わかりにくいので簡単に言うと、保険料が値上がりするのです。


12年前に0.5%下がったときには10%の値上がりがあった保険もありました。
値上がりをしない商品は返戻率(解約払戻率)を下げています。


今回もかなり商品によっては値上がりするようです。
特に貯蓄商品が。

各社対応が違うので時間差もあります。
しかし、全体として値上がり方向に行っているのは間違いありません。


株価も回復、円安方向に、しかし保険は逆方向のようです。


この3月が見直しのチャンスかもしれませんね!





生命保険の診断は無料。お問い合わせは↓
http://wing.area9.jp/general.html?do=/enquete/input&id=43480
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス(ブログには公開されません):

ホームページURL:

コメント:

認証(表示されている文字列を入力してください):
7n4m