TOPICS

常識は誰が作ったのか!

常識は誰が作ったのか!




常識とは初めから存在したわけでもない。
常識は必ず作り上げられたもの。


では、誰が何のために。



何かの目的のために情報を恣意的に発信してマーケットを作り出す。
ビジネスの中ではよくあることですよね。



例えば、「保険の常識」


保険はリピート商材ではない。
普通、1度購入すると数年は見直さない。
なので、日常にそれほ深く関わることはあまりない。
だからあまり知識が少ない。

しかし、保険は絶対に必要なもの。
保険会社はそこに目をつけました。

売りたい商品の情報を継続的に洗脳するくらいに出し続けます。
すると、それがいつの間にか常識となってくるのです。


保険証券


代表例
入院保障5,000円 → 10,000円

TVやパンフレットには10,000円でしか書いていない。
また、必要な1日の入院金額も高額療養費を含まない部分で書いてある。

では、20年前はどうだったのか?

入院保障は5,000円が定番だった。
当時は入院期間も今より長かった。

では、20年経って医療費が倍になっているのだろうか?
いいえ、実際には医療費は少なくなっています。
しかし、入院保障は10,000円という常識になっています。

これが作られた常識です。


今回は入院保障について挙げてみましたが、他にもたくさんあります。


では、作り上げられた常識をどのように見分けなければいけないのだろうか?

答えは、一般の方では無理です!

その業界の社員も無理です。
FPでさえもこの常識を見分けられる人は少ないのです。


どうしたらいいのか?

眼力のある卓越した知識を持っているFPに相談するのが一番いいでしょう。

FPといっても薄く広く知っている方が多いです。
その中でもその分野に特化した知識を持っている人が望ましいでしょう。



私は保険に特化したFPです。
20年間の保険の研究と経験で公正な立場で保険を診断できる数少ないFPだと思っています。
是非、このような作られた常識に左右されることなく正確な情報で保険を選んでいただきたいと思っています。





保険相談・診断は無料
http://wing.area9.jp/general.html?do=/enquete/input&id=43480



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス(ブログには公開されません):

ホームページURL:

コメント:

認証(表示されている文字列を入力してください):
e9cz