TOPICS

何のために働くのか?

何のために働くのか?





漁夫と船




「魂が震える話」より


コスタリカの海辺の小さな村で、ひとりのアメリカ人ビジネスマンが桟橋に立っていると、
沖から小舟で漁師が帰ってきた。
舟の中には、大きなキハダマグロが数匹横たわっている。
あまりに見事なマグロに、思わず漁師に声をかけたそのアメリカ人は、
釣り上げるのにどのくらい時間がかかったか尋ねた。


漁師は答えた。


「すぐ釣れましたさね」


アメリカ人は、どうしてもっと沖へねばって、
たくさん釣ってこなかったのかと尋ねた。


漁師は、これだけあればしばらくは家族を養っていけるからと答えた。


アメリカ人はさらに尋ねた。


「でも、残りの時間をきみはどうやって過ごすのだい?」


漁師は答えた。


「朝はゆっくり寝て、少し漁をしたら子どもたちと遊んで妻のマリアと昼寝をする。
夜になったら村に繰り出して友だちとワインを飲み、ギターを弾くんでさ。
毎日、やることでいっぱいなんだよ、だんな」


アメリカ人は鼻で笑った。


「わたしはウォール街の企業で重役をしている。
ひとつ、いい知恵を貸してやろう。

まずは、もっと漁に時間を割きなさい。
で、稼いだ金で大きな船を買い、
インターネット上にホームページを開設する。

スケーラブルな前進プランでことにあたれば、
新しい船を何艘も買える資金はすぐ集まる。
最終目的は漁船団を持つことだ。
水揚げを仲買人に売る代わりに、
きみが直接加工業者に売って、最後には自分の缶詰工場を開く。

生産と加工、販売まで手掛けるといい。

こんな海辺のひなびた漁村にはおさらばして、
まずは首都のサンホセに引っ越し、そこからロサンゼルス、
最終的にニューヨークに出る。

ニューヨークでは第三者クライアントに業務を委託して、
垂直市場で拡大し続けるきみの会社の経営の一部を任せるのだ」


漁師は尋ねた。


「でもだんな、そうなるのにどのくらいかかるのです?」


アメリカ人は答えた。


「15年から20年だな」


「で、だんな、そのあとどうなりますかね?」


アメリカ人は笑って答えた。


「そこがこの話の一番いいところだ。
タイミングを見計らって新規株式の公開を発表し、
会社の株を上場し大金持ちになる。
何百万ドルも稼げるぞ」


「何百万ドルもですかい、だんな? それで?」


アメリカ人は答えた。


「きみは引退して海辺のひなびた漁村に引っ越し、
朝はゆっくり寝て、ちょっぴり漁を楽しみ、
子どもたちと遊んで奥さんと昼寝をし、
夜になると村に繰り出して、友だちとワインを飲んでギターを弾くのだよ」





「リ・ポジショニング戦略」
ジャック・トラウト(著)宮脇貴英(翻訳)
翔泳社より





貴方は何のために働いているのですか?
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス(ブログには公開されません):

ホームページURL:

コメント:

認証(表示されている文字列を入力してください):
2eok