TOPICS

ファイナンシャルプランナーの評価

ファイナンシャルプランナーの評価


佐賀のライフプラン専門家
ファイナンシャルプランナーの夏秋 寛です。



ファイナンシャルプランナー(FP)には様々な分野の方がいます。
保険関係、金融関係、不動産関係、税金関係、年金関係など・・・

それぞれの仕事でFPを活かしておられる先生も多いようです。
しかし、FPと名乗っていても専業のことしかやらない先生も実際に多いようです。

その証拠に、FPの知名度が以前よりかは上がっているものの、何をやっているのかわからないと思っている方が圧倒的に多いようです。

そうです、FPだけ名乗るのでは仕事にならないからです。
もし、税理士が、FPだけしか名乗らないと本業の仕事の依頼が来るだろうか?
もし、弁護士が、FPだけしか名乗らないと本業の仕事の依頼が来るだろうか?
もし、社労士が、FPだけしか名乗らないと本業の仕事の依頼が来るだろうか?

答えは、ノーです。


全国に約20万人近いFP資格者がいます。
しかし、独立している人は1%もいません。


それは、何故かを検証してみました。


まだハッキリとはわからないのですが、
クライアントのビフォー・アフターがハッキリ出ていないからではないでしょうか?

税金のことに関すればFPの資格を持っていなくても税理士に聞けばいいので。
法律のことに関すればFPの資格を持っていなくても弁護士に聞けばいいので。
保険のことに関すればFPの資格を持っていなくても保険に詳しい代理店に聞けばいいので。
住宅のことに関すればFPの資格を持っていなくても住宅メーカーや銀行に聞けばいいので。


では、FPは何をするの?



プランニング?
提案?
レクチャー?


今までたくさんの方のライフプランを行いました。
その中で、ハッキリと2つに分かれてきました。


それは、クライアントの生活が変わったかどうかでした。

いくらプランニングをしても実行されない方が多いのです。
聞いて予測するだけで、実際に何もしない方です。
たくさんのページのプランニング表を見ても行動しないと単なる資源と費用の無駄になりかねません。

保険の見直しをしても変わらない人
家計の見直しをしても変わらない人


変わる人と変わらない人の違いは何だろう?


FPの本来の存在意義はクライアントのライフプラン上の目標を達成するためにあるものです。
保険や株、投信、住宅ローンは単なるアイティムです。
ライフプランは手段です。

目的は“夢や目標の達成のため”です。

FPの使命は“クライアントのタグボートになる”ことです。





策に走らず、動に導く!

そして、FPの評価はクライアントの生活が変わるかどうかです。



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス(ブログには公開されません):

ホームページURL:

コメント:

認証(表示されている文字列を入力してください):
rejr