TOPICS

所有から共有へ

所有から共有へ

家計を改善する中で「所有」を捨て「共有」の意識を高めるといいでしょう!


大家族から核家族化へ
生活の単位がだんだんと小さくなっています。

モノがない時代では一つのモノを大事にみんなで使っていました。
しかし、現代では消費を促されて沢山のモノを所有する時代になってきました。

特に便利なモノほど自分専用が欲しいと願うのが人間の性です。
車・携帯・パソコンなどは当たり前になってきています。
更に子供にまでもこの傾向が強くなってきています。
携帯ゲーム機も一人1台の時代ですよね。




ところで、それらのモノは一度に同時に家族が使っているのですか?
車も同じように全員が使っているのですか?

カーシェアリング 共有


全国の車の所有台数に対して稼働している割合は一番混み合う朝の時間でも50%以下です。
高い買い物の割には、動いていない時間が圧倒的に多いようです。


家族5人がいて、それぞれ1台ずつ所有しても1台平均150万円にしても750万円にもなります。
そして、常時動いていない車があると無駄に車の価値だけが下がっていきます。
資産としてはどんどん減っていることになります。


所有を止めて共有をしたらその分の支出を資産に移すことが出来ます。
そして、その資産は車のように著しく減少することはありません。



ただ、通勤だけに車を使っている人は、公共機関を使った通勤にしたら家計のキャッシュフローは相当改善します。
車両の維持費も馬鹿になりません。
ガソリン代の高騰や車検、自動車保険料、税金など持っているだけでお金がかかります。
年間15〜20万円の維持費がかかります。
どうしても共有できない場合はレンタカーという素晴らしいサービスもあります。

最近ではカーシェアリングなどという方法を使い人も増えてきています。


都会の人は、「こんなの当たり前だよ」といわれる方も多いと思いますが、
地方では車がないと不便だと思っているようです。
しかし、不便も工夫次第でモノを上手く活かせば便利の変わります

これは車だけの話ではありません。
パソコンでも同じ事です。



もうソロソロ気付いて下さい!

便利だと思うモノでも、使わないと不便だということです。
そのために支出が増えて自己実現の妨げになることにならないように、今あるモノを家族で有効に使いましょう。







ライフプランのご相談は→夏秋ライフプラン事務所

ライフプラン 相談
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス(ブログには公開されません):

ホームページURL:

コメント:

認証(表示されている文字列を入力してください):
xgpp