TOPICS

家計の見直し6/10

■本日のコンサルティング(家計の見直し)


45歳の奥様より家計の見直しの依頼がありました。
毎月の赤字となり、ボーナスや貯金の取り崩しで生活をしている。
このままでは将来に子供を大学に行かせることも難しくなってくるかも?




《現状》

どれだけ1ヶ月にかかっているのか?の把握が出来ていない。
入ってきた収入で生活しているために、貯蓄が全く出来ていない。
一つの口座で全てを賄っているため生活費と雑費の区別が付かず、どこを削減すればよいか分かり辛い。



《カウンセリング結果》

●ひと月の収支を把握したい
●何が赤字の原因になっているかを知りたい
●もっと貯蓄できる体質にしたい
●訳の分からずに入った保険を見直したい



《改善提案》

家計簿をつけましょう。
そして、貯金通帳を複数作って、公共料金や家賃、保険などを別の通帳から専用に引き落としましょう。
そして、最初に貯金の分を決めて別の通帳にファンドを作りましょう。
最初は3,000円でも5,000円でもOKです。
しかし、決して下げてはダメです。そして毎月欠かさずに。
残りを5週間に分けて1週間分だけを口座からおろして週単位で生活する。
当然、今払っている保険を見直すことも必要です。


《結果》

毎月3,000円でも貯金をすると、心に余裕が出てきます。
貯金が出来なかったというストレスが無くなります。
そして、財布を分けることです。
一つの財布で出し入れをしていると収支が分からなくなってきます。
そして、一番大事なのは月単位から週単位にすることです。
毎週の収支を行い、次週に修正することとすると月末に大きくブレないです。



保険相談
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス(ブログには公開されません):

ホームページURL:

コメント:

認証(表示されている文字列を入力してください):
xhzv