TOPICS

保険の見直し6/5

■本日のコンサルティング(保険見直し)


32歳のご主人より保険の見直しの依頼がありました。
妻は妊娠9ヶ月。2人目のお子さんの出産を控えています。
一人目が2歳で家族が増えるので保険の見直しを検討されました。



《現状》

就職した時に職場で何もわからずに加入した生命保険が
今年更新となることに初めて気付かれたそうです。

証券分析をしてみると、保険料の90%が掛け捨てで、
介護などの特約が満載となる保険でした。

当然、本人も全く把握できるような保険ではありませんでした。
加入の時も殆ど説明がなされていなかったようです。


《カウンセリング結果》

●子供は2人とも大学まで行かせたい
●今から少しずつでも教育資金を貯めたい
●万が一には教育資金だけは確保したい
●亡くなるリスクも大事だが、がん・脳血管症・心疾患に罹ったときの生活保障


《改善提案》

3大疾病終身で保障と貯蓄をカバー
がん保険はがんだけにしか保障されませんので、がん保険は考慮に入れない。
3大疾病に罹ったときに一時金を多めに設定して、治療の柔軟性を持たせる。
医療保険は3大疾病の時に日数が無制限に出ることと先進医療とのセット。
学費は収入保障保険でカバー。


《結果》

今までの保障内容よりも充実して幅広くなった。
保険料も更新が無く、将来の支出の計画が立てやすくなった。
掛け捨てが多かったので、貯蓄としての資産が増えるようになった。




保険相談




この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス(ブログには公開されません):

ホームページURL:

コメント:

認証(表示されている文字列を入力してください):
n7q6